糖質オフ料理

退職後の変化|糖質オフの食生活について

こんにちは。

退職して12日が経ちました。

何か日常の変化があったか?と言われると特にありません。

まあ2ヶ月の休職期間があったので、変化は感じません。

ただ、健康保険証を返却したことで

病院に行ったときに一時的に自費になっているという点はありますね。

この記事を書いた人



大学院博士卒後、大手電機メーカーへ就職。
順風満帆なエリートコースを歩んでいただが、
うつ病発症。
休職期間を経て、退職。
現在、フリーランス社会復帰を目指し、
ハンドメイド品製作に没頭!

そして、いつかは田舎でスローライフ。
Twitter: @akira_fika

そんなこんなで、今回は「食生活についてです。」

休職期間を含めば約3ヶ月近く通勤していないことになります。

当時は毎日2時間近くかけて通勤していましたが

それがピタッとなくなりました。

その後の食生活について考えてみました。

スポンサーリンク

自然な運動不足

会社員時代は毎朝2時間かけて通勤していました。

帰宅時ももちろん2時間近くかかります。

往復で4時間ですが、途中電車の乗り換えやバスへの乗り換えがあります。

当時の歩数計を見てみると

1日6000歩ほどです。

営業ではないので、外回りもなく

基本的にデスクワークとなります。

なので、1日の歩数というのは通勤、帰宅時となります。

そのような生活から一変して

通勤がなくなりました。

電車に乗ることも
バスに乗ることも
そして歩くことも

ほとんどなくなりました。

休職期間を振り返ると

歩数計を見ると100歩

でした。

「これでは良くない。」

そうは言うものの、なかなか外に出ることができませんでした。

そう。

あの会社のロゴを見てしまうからです。

ただ、体のメンテナンスも必要です。

できるだけ体を動かすことを

医師に勧められていました。

それを実行するべく、散歩にでかけるようにしました。

街中ではなく、ちょっと近所の公園に!

そのレベルの散歩をしていました。

ただ、やはり、それだけでは体のメンテナンスとは言えません。

会社員時代と比較すると
1日の消費カロリーは結構減っていると思います。

移動距離が減ったこともありますが

良い意味で頭を使うことが減ったかもしれません。

そういった意味からも、
より一層、体について考える必要があります。

時間と料理

会社員時代は朝5時起きで家に帰るのは20時くらい。
そして、寝るのは22時半くらいでした。

実際、料理をしっかりする時間と気力はあんまりなかったと思います。

スーパーのお惣菜やUber eatsに頼ったりすることもしばしばありました。

でも、お金や健康面を考えると毎日毎日そんな生活も良くない。

それはちゃんと認識していました。

ただただ、作る時間と気力がなかったのです。

いや、どちらかというと気力がなかった。が正解ですね。
でも今は時間はあります。
そして、あの時の疲労感もありません。

そこで、体のメンテナンスという意味を込めて
食事について考えてみることにしました。

昨日、ふと本屋さんに寄ったときに見つけた本があります。

おにゃさん執筆の『夫もやせた!糖質オフのダイエットおかず』です。

旦那さんに糖質オフメニューを作り、
半年で-11kgを達成したというのです。

これまで糖質オフとかは一応気にしていたつもりでしたが、

やはり仕事が忙しい時とかは考える余裕はありませんでした。

さらにお酒も飲むほうなので、
なおさら健康面について意識していこうと思いました。

本屋さんでおにゃさんの本を手に取り、立ち読みしていました。

すると、「おからパウダー」を使った糖質オフメニューだったのです。

これまでおからパウダーを買ったこともないですが

なんだか、これならいけそう!と早速、本を購入しました。

そして、その日の晩ごはん何にするかを考えていました。

ちなみに私の好きな食べ物は唐揚げ、ハンバーグ、オムライスです。

本の中におからパウダーを使用した唐揚げが紹介されていました。

これだ!と思い、すぐさまスーパーで食材を買います。

ただ、もう一つ!

家に揚げ物をするセットが揃っていないのです。

すぐさまショッピングモール内にキッチン用品売り場へ向かいます。
(イオン)


・揚げ太郎
・油ポット(フィルター付)
・バット

購入しました!

実家では、もっとシンプルな油ポットを使っていて
古くなった油を固めて捨てていましたが

今回購入したポットはフィルターがついており
油を綺麗にして再利用可能!

まずは形から入る私なのですが、早速、調理してみました。

はい!
できあがりです!

いかがでしょうか?

これとても簡単でした。

実際の調理時間は10分ほどでした。
(漬け込み時間は20分ほど)

予想よりも上手くできた?と思います。

そして、凄いのが・・・

すぐに満腹になります!

おからパウダーのおかげなのですかね?

これからおにゃさんのレシピを参考にして

料理をしていけたらと思います。

せっかく退職して時間ができたので

体のメンテナンスもしっかりしていきます

しっかりと続けていきます!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人

あきら

大学院博士卒⇒一部上場電機メーカー⇒うつ病発症⇒休職⇒退職⇒フリーランス社会復帰を目指してゆったりハンドメイド品製作|2020/11/10~スタートして月15万円突破!TOEIC920、英検準1級、クァドリンガル!

-糖質オフ料理

© 2021 うつ病設計士の田舎暮らし計画-フリーランス社会復帰を目指す!